アートセラピー

August 01, 2009

息子がいません!

息子がもう5日も帰ってきません!

すごく寂しいです。

1本の電話もありません

 

実はキャンプに行っているのです。

家では、何にもしないのに、大丈夫かしら?

寂しくないのかな?

でも今日、帰ってきます



yachiyo1 at 10:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

April 22, 2006

昭和記念公園

横浜から立川に引っ越してきて早くも2年。
海が大好きな私は週末となれば家族で夏は海に、他の季節は
海を見ながら近くに遊びに行っていました。
横浜はちょっとでれば子供と沢山の遊ぶ場所があった。

立川は海も遠いし、近くに遊ぶ場所が少ないのではと、
ちょぴり寂しく思ってましたが、今では昭和記念公園に
ちょこちょこ行ってます。自転車で行ける距離に住んでいる
ので5歳になった息子を後ろに乗せて。
去年末に補助輪がとれた息子と最近は一緒にサイクリング
にも。園内は広いのでかなりいい運動になってます。

子供が楽しめるちょっとしたアスレチック的な遊具や大きな
大きなお〜きなトランポリンもあるので息子は昭和記念公園が
大好きに!

園内には季節ごとにさまざまな花を何万本も咲いています。
それはそれは美しい!
今はチューリップのお花畑がみごとです。
こんなチューリップあるんだと思うような色や形のものも。
(横浜の公園もチューリップが沢山できれいなとこあったっけ)


そういえば去年の秋、コスモス畑で友達の子供が迷子に。。
チョコレートコスモスのにおいを嗅ぎにいった友達の子供は
コスモスの背より低かったので埋もれてしまった。
みんなであせりまくり探していたら、ニコニコ出てきて嬉し
そうに「本当にチョコレートのにおい!食べたら美味しいかな?」
だって。

手ぶらで行けるパーベーキューエリアもあるし日本庭園や茶室
があり、さまざまな植物が植えてあるので子供だけでなく大人
も十分楽しめる。
クリスマスシーズンはイルミネーションがきれいでデートスポット!?

去年はカウンセリングを勉強中の仲間たちと自然の中で
アートセラピーやりましょうと行ったことありました。
自然は素敵なカウンセラー。
草の上に寝転んだりはだしでフリスビーやバドミントンやった
後はすがすがしい気持ちに!


横浜に住んでいるときと今では見る景色は変わったけれど
自然はいつも私を癒し包んでくれているんだと感謝です!

これからも自然を感じ花を愛でれる心をもちながら生きて
いきたいと思います。私も自然の一部だから。。。



yachiyo1 at 11:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

April 14, 2006

アートで心を癒す

アートヒーリング・アートセラピー

パステル和(なごみ)アートは自由に五感(触覚、聴覚、視覚、味覚、嗅覚)を使って描いていきます。

パステルという素材を削り、パウダー状にして指やティッシュ、綿棒などで15cm四方の画用紙に思いのままに描いていく絵です。

小さなお子さんからご年配の方まで誰でも一枚20分くらいで素敵な絵ができあがります。

誰でも上手い下手なく描け、批判や評価のない中で安心して描いていけるということ、出来た絵を見せ合い褒めあうことで、何度か参加して描いていくうちに癒しやあるがままの自分でいいんだ、という気づき、自分の存在をまわりから認めてもらったと感じられます。

 

2年半近く不登校だったお子さんは今年の春から登校を始めました。

自分の自由に表現していいという、規制も制限もない書き方と、温かみのあるきれいな色のパステルを削りパウダーにしていく作業も集中して出来たこと、お母さんから「素敵ね」と絵を褒められたこと、自分だけでなくお母さんも絵を一緒に描いてくれたことが嬉しかったと言ってました。

 

統合失調症の方も参加されていますが、何年もの入院生活や自宅療養でとじこもりぎみでしたが、この絵を描くために出かけることから少しずつ外に出始めるようになったようです。そしてご本人から「自由に描いていいということと感性を大切にしてくれるところが良いですね」とおっしゃっていただけました。これからのリハビリで家族も社会復帰を楽しみにしています。

ご家族の方も見えない将来に不安や恐れがありましたが、共にパステル和アートを描くことで癒しを感じていられます。
 
パステル和(なごみ)アートのワークショップを開催中です。
 
お気軽にお問いあわせくださいね。
 
2時間(絵2枚)でお一人2000円、親子で(小学生まで)3000円です。
 
4/2(日)  立川  
4/9(日)  横浜 で開催します。
 
出張パステルも承ります。
 
下記アドレスに 参加希望日又は出張依頼、氏名、連絡先をご記入のうえ、
お申込みください。
折り返し詳しい場所や時間帯をお知らせ致します。
 


yachiyo1 at 04:30|PermalinkComments(11)TrackBack(0)

November 29, 2005

11月の立川教室の皆さん

今月は、立川で教室を開きました。

息子の通っている保育園の先生3人と、立川の右脳教室でご一緒させてもらっているTさんのご家族4人の参加で、楽しく描く事が出来ました。

今回のテーマは「秋」と「クリスマス」でした。

皆さん、初めてとは思えないほどの出来栄えでした。

11月立川811月立川711月立川411月立川3



yachiyo1 at 06:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 31, 2005

パステル和(なごみ)アート

b5117933.jpg
「子供にもっと優しく接したいのについ怒ってしまう!」
ってことありませんか?
毎日さまざまなことで忙しいお母さん、たまには自分の為の時間をもってみませんか? 
「でも、こどもが‥‥」
大丈夫!パステル和(なごみ)アートはおこさんと一緒に描けますよ。
パステルを削りパウダー状にして指やティッシュで描いていくんです。
誰でも一枚20分くらいで素敵な絵のできあがり。
おこさんがお母さんを見直すかも。。。。
5月29日(日)13:00〜綱島
7月24日(日)10:00〜横浜 県民サポートセンター
8月28日(日)12:30〜横浜 県民サポートセンター
お一人¥1500親子¥2000(小学生まで)(要予約)
 
パステルを削る作業だけでも「なんとも言えないここちよさ」なんです。
芸術品?!作成と癒しが一度で味わえる!お得なワークショップ!
あなたの中にある光が輝きだすきっかけになれば!
ぜひいらしてください。
 


yachiyo1 at 10:14|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

May 20, 2005

学校の授業でできないこと!?

先日、都内のある学校でのアートセラピーにいってきました。

ハンドペインティング(指絵の具で大きな模造紙に両手で絵の具

思いのままに付けていくというよりぬりたくって?いく)とパステル

(なごみ)アート(パステルを削りパウダー状にして指やティッシュ

画用紙に絵を描いていく)をやりました。

その日の参加者は生徒さんより先生やボランティアの方たちの方

人数が多くなってしまいました。

でも、参加してくれた生徒さんはいつもより楽しそうな顔だったそう

です。(先生談)

ハンドペインティングは先生方大人も手で絵の具を模造紙に付け

いるうちはまり込み、日頃の仮面を外して子供のように楽しんで

いました。時間になっても「まだやっていた〜い」って!

パステルも削る作業がここちいいのか、もくもくと削りつづけ、沢山

できたパウダーでみんな素敵な絵を描けました。

「日頃、使わないような色を使った自分が不思議。どんどん色を付

けていくうちに想像以上に素敵にできて、とても気に入ってる」と

話してくれる先生も。

先生方大人にも自己発散の時間、癒しの時間が必要だったと感じた

一日でした。

目で色を見、指で絵の具やパステルの感触を感じる視覚と感覚の

刺激により、発散や癒しを感じてもらえたと思いました。

人は言葉で表現しなくても、絵を描いたり色をぬったりすることで

意識せずに色を言葉のように使って気持ちを表現している、感覚

や感情の言葉だと思います。

 

 


yachiyo1 at 23:50|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

May 13, 2005

アートセラピー

こころの色

 

人は色彩の刺激によっても眠っていた記憶が目覚めたり、癒されたり

逆に苦しくなったりするんですよね。

 

その日その日で心ひかれる色がちう経験をしたことがあるのではないでしょうか?

心の状態で求める色が変わってきたりするんですよね。

日常生活の中に色彩を上手くとりいれて、毎日いきいきと素敵に生きられたら・・・・と思う今日このごろです。

 

 


yachiyo1 at 13:26|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

May 08, 2005

アートヒーリング・アートセラピー

パステル和(なごみ)アートは自由に五感(触覚、聴覚、視覚、味覚、嗅覚)を使って描いていきます。

パステルという素材を削り、パウダー状にして指やティッシュ、綿棒などで15cm四方の画用紙に思いのままに描いていく絵です。

小さなお子さんからご年配の方まで誰でも一枚20分くらいで素敵な絵ができあがります。

誰でも上手い下手なく描け、批判や評価のない中で安心して描いていけるということ、出来た絵を見せ合い褒めあうことで、何度か参加して描いていくうちに癒しやあるがままの自分でいいんだ、という気づき、自分の存在をまわりから認めてもらったと感じられます。

 

2年半近く不登校だったお子さんは今年の春から登校を始めました。

自分の自由に表現していいという、規制も制限もない書き方と、温かみのあるきれいな色のパステルを削りパウダーにしていく作業も集中して出来たこと、お母さんから「素敵ね」と絵を褒められたこと、自分だけでなくお母さんも絵を一緒に描いてくれたことが嬉しかったと言ってました。

 

統合失調症の方も参加されていますが、何年もの入院生活や自宅療養でとじこもりぎみでしたが、この絵を描くために出かけることから少しずつ外に出始めるようになったようです。そしてご本人から「自由に描いていいということと感性を大切にしてくれるところが良いですね」とおっしゃっていただけました。これからのリハビリで家族も社会復帰を楽しみにしています。

ご家族の方も見えない将来に不安や恐れがありましたが、共にパステル和アートを描くことで癒しを感じていられます。

 

パステル和アートを通して、まず自分自身を認め、まわりの方からも認められる体験をし、ご自分の存在の大切さを感じていただけるんです。

自信をもって生きていけるためのお手伝いをできたら嬉しいです。

 

 


yachiyo1 at 06:50|PermalinkComments(4)TrackBack(0)