August 24, 2005

心の開放

5396654b.gif

心の開放 (感触を使った遊び)

先日とある小学校のサタデースクールで99人の子供たちとアート遊びをやってきました。校庭の一角の壁に模造紙を何枚も貼ってハンドペインティング、目をつぶり持ち寄った野菜や果物を触りながら粘土で同じものをつくってみる、パステル和(なごみ)アート。

好きな色の指絵の具を両手につけて思いっきり壁の模造紙に好きなようにペタペタ!絵の具の冷たいぬるぬるした感触が心地良い。思いっきり両手で絵の具を模造紙の好きな所に塗りたくるのが面白い!みんなの目がきらきらして楽しそうでした。ひとしきり楽しむとスッキリしたのか粘土やパステルをやるときは、真剣に集中してやれました

粘土では、日頃は目で見えることに頼って生活しているけれど、この日は手の感触だけで野菜や果物を同じように再現する事もとても上手に出来る事を体験。粘土のくにゃくにゃかんが心に安心感を与えてるみたい。

パステル和アートではひたすらパステルを削っている子、指でパウダーにしたパステルを画用紙に好きなように塗っている子、大好きな漫画のキャラクターを一生懸命表現しようとしている子、どの子も真剣なまなざしで描いていました。

パソコンやテレビゲームに慣れている現代は目を使う事が多いですよね。そんな中、この日は思いっきり感触を使い楽しみました。人間の一番原始的な感覚と言われる触覚。この触覚を思いっきり使ったこの日は子供たちにとって、とても心地よい体験になったようです。子供も毎日少しずつストレスが溜まっていきます。たまにはこんな思いっきり汚したり、自由に自分の表現で作れる、感触を感じれる日が必要なんだなと感じました。この日は作品に上手い下手の評価もなくオンリーワンの作品ができあがり一人一人が芸術家!?になった一日でした。

 



yachiyo1 at 05:45│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字