May 20, 2005

学校の授業でできないこと!?

先日、都内のある学校でのアートセラピーにいってきました。

ハンドペインティング(指絵の具で大きな模造紙に両手で絵の具

思いのままに付けていくというよりぬりたくって?いく)とパステル

(なごみ)アート(パステルを削りパウダー状にして指やティッシュ

画用紙に絵を描いていく)をやりました。

その日の参加者は生徒さんより先生やボランティアの方たちの方

人数が多くなってしまいました。

でも、参加してくれた生徒さんはいつもより楽しそうな顔だったそう

です。(先生談)

ハンドペインティングは先生方大人も手で絵の具を模造紙に付け

いるうちはまり込み、日頃の仮面を外して子供のように楽しんで

いました。時間になっても「まだやっていた〜い」って!

パステルも削る作業がここちいいのか、もくもくと削りつづけ、沢山

できたパウダーでみんな素敵な絵を描けました。

「日頃、使わないような色を使った自分が不思議。どんどん色を付

けていくうちに想像以上に素敵にできて、とても気に入ってる」と

話してくれる先生も。

先生方大人にも自己発散の時間、癒しの時間が必要だったと感じた

一日でした。

目で色を見、指で絵の具やパステルの感触を感じる視覚と感覚の

刺激により、発散や癒しを感じてもらえたと思いました。

人は言葉で表現しなくても、絵を描いたり色をぬったりすることで

意識せずに色を言葉のように使って気持ちを表現している、感覚

や感情の言葉だと思います。

 

 


yachiyo1 at 23:50│Comments(2)TrackBack(0)アートセラピー 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 君康友紀   May 21, 2005 17:55
絵は「感覚や感情の言葉」。
そうなんですね。。。
勉強になりました^^。
2. Posted by インナーブライド やっちぃ   May 21, 2005 23:50
コメントありがとうございます。
最近、絵を描いたり、見させていただいたりしている中で、その人その人
なりに無意識に何かを表現しているんだなって感じています。
そして表現することで癒されたり自己構築しているんだなって。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字