May 2006

May 14, 2006

紫陽花

今日は母の日ですね。

北海道の義母も実家の母も紫陽花の花が大好きなんです。
なので数年前から母の日に贈っていたカーネーションから
紫陽花のに変わり、毎年 違う紫陽花を贈りはじめました。

紫陽花の種類の多さにも驚きです。
水滴がとてもよく似合う紫陽花。水滴とともにきらきら
光っている様子を見ているといつまでも見つめていられます。
どの花も淡い優しい色合いで心をなごませてくれる。
華やかだけれどきつくなく凛としたすがすがしさを感じさせて
くれる紫陽花。

そんな私の心を知ってか知らずか息子が折り紙で色々な色で 沢山の紫陽花の花を折ってくれました。
なかなかきれいに折れないのだけれど、ぶつぶつ独り言を
言いながら一人で折りあげちょっと照れた笑顔をみせて。

今は亡き義妹の娘(私と顔が良く似ていて親子とまちがえられる) は「お姉ちゃん、私とおそろいの髪飾り。一緒につけて出かけよう」と言ってうす紫の紫陽花のイメージの髪飾りをプレゼントしてくれました。(義妹と弟が私のことをお姉ちゃんと呼んでいるので姪も小さい頃からそう呼んでくれる。決して私が強制的にお姉ちゃんと言わせているわけではないのよ〜ウフフ)

なんだかみんなで心が繋がっているようでとても幸せな気持ちになりました。母から私へ、そして子供たちへ。
素敵な思いは永遠に続いていきますように。

愛と平安と協調 そう心の中で思い始めてから、いろいろな
事がその方向に向いているような気がします。

人はイメージするとそのようになっていくということを何度も
いろいろな方から聞きました。

小さなことでも、ひとつひとつイメージして実現していけたら
と思います。


yachiyo1 at 03:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)