August 2005

August 31, 2005

パステル和(なごみ)アート

b5117933.jpg
「子供にもっと優しく接したいのについ怒ってしまう!」
ってことありませんか?
毎日さまざまなことで忙しいお母さん、たまには自分の為の時間をもってみませんか? 
「でも、こどもが‥‥」
大丈夫!パステル和(なごみ)アートはおこさんと一緒に描けますよ。
パステルを削りパウダー状にして指やティッシュで描いていくんです。
誰でも一枚20分くらいで素敵な絵のできあがり。
おこさんがお母さんを見直すかも。。。。
5月29日(日)13:00〜綱島
7月24日(日)10:00〜横浜 県民サポートセンター
8月28日(日)12:30〜横浜 県民サポートセンター
お一人¥1500親子¥2000(小学生まで)(要予約)
 
パステルを削る作業だけでも「なんとも言えないここちよさ」なんです。
芸術品?!作成と癒しが一度で味わえる!お得なワークショップ!
あなたの中にある光が輝きだすきっかけになれば!
ぜひいらしてください。
 


yachiyo1 at 10:14|PermalinkComments(4)TrackBack(0)アートセラピー 

August 24, 2005

心の開放

5396654b.gif

心の開放 (感触を使った遊び)

先日とある小学校のサタデースクールで99人の子供たちとアート遊びをやってきました。校庭の一角の壁に模造紙を何枚も貼ってハンドペインティング、目をつぶり持ち寄った野菜や果物を触りながら粘土で同じものをつくってみる、パステル和(なごみ)アート。

好きな色の指絵の具を両手につけて思いっきり壁の模造紙に好きなようにペタペタ!絵の具の冷たいぬるぬるした感触が心地良い。思いっきり両手で絵の具を模造紙の好きな所に塗りたくるのが面白い!みんなの目がきらきらして楽しそうでした。ひとしきり楽しむとスッキリしたのか粘土やパステルをやるときは、真剣に集中してやれました

粘土では、日頃は目で見えることに頼って生活しているけれど、この日は手の感触だけで野菜や果物を同じように再現する事もとても上手に出来る事を体験。粘土のくにゃくにゃかんが心に安心感を与えてるみたい。

パステル和アートではひたすらパステルを削っている子、指でパウダーにしたパステルを画用紙に好きなように塗っている子、大好きな漫画のキャラクターを一生懸命表現しようとしている子、どの子も真剣なまなざしで描いていました。

パソコンやテレビゲームに慣れている現代は目を使う事が多いですよね。そんな中、この日は思いっきり感触を使い楽しみました。人間の一番原始的な感覚と言われる触覚。この触覚を思いっきり使ったこの日は子供たちにとって、とても心地よい体験になったようです。子供も毎日少しずつストレスが溜まっていきます。たまにはこんな思いっきり汚したり、自由に自分の表現で作れる、感触を感じれる日が必要なんだなと感じました。この日は作品に上手い下手の評価もなくオンリーワンの作品ができあがり一人一人が芸術家!?になった一日でした。

 



yachiyo1 at 05:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 23, 2005

今の気持ち

fb899429.jpg

久し振りの投稿です。

ブログを作ったもののなかなか投稿できず、あわただしく毎日を過ごしていました。でも、これからは少しずつ自分の気持ちをブログで表していこうかなって!!仕事上、心の話を聞くことが多いのですが、私自身の自分の心も開放する場所(友だちや家族もいるけど)独り言のような場所があったらいいかなと。

横浜から立川に引っ越してきて1年4ヶ月。いろいろなことが起った一年間でした。ここ数ヶ月は義妹の病状が悪化し家族中でおろおろ。。。義妹は双子ちゃんの母親で子供たちが生まれてまもなく発病し、もう8年もの闘病生活です。                                  

気丈な彼女はよく頑張ってきました。子供たちのためにと。でもいつも「どうして私がこんな思いをしなければならないの。なんでこんなことになるの。」とずっと言い続けています。そうですよね、自分ではどうにもならないことが生きていくうえでいっぱい。「こんなに頑張っている彼女がどうしてこんなに苦しまなければならないの」って思ってしまう私です。でも後になって「あのことがあったから気づけた」とか「あれはこういうことだったのね」とかありますよね。難しいことだけど、今、自分に起っていることを受け入れ未来を見つめて今を生きれる心をもてる者に私自身なりたいなと。

義妹には今はそこまでは望まないけれど、どうか彼女の心の中に「今までいろいろな幸せなことがあった。こんな楽しいこともあった」と幸せの数、感謝の数をかぞえながら未来に向かって生きてほしいと祈っている毎日です。幸せや感謝の気持ちがきっと心に力をくれると信じているから。



yachiyo1 at 05:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)気持ち